仕事の教え方研修(2日間集中)

内容

ビジネス最前線の要である「仕事の教え方」。このスキルを向上させることは、仕事の精度を維持・向上するだけでなく、組織の技術伝承やモチベーションも左右します。実習を中心に、机上の研修にとどまらない「訓練」を盛り込んだ実践的内容とします。

講師

人財育成プラネット パートナー講師
(お打ち合わせの上適任を選定)

日程

1~2日間:ご相談のうえで調整いたします(2日間推奨)

費用

1日あたり概算/250,000円~350,000円(合宿の場合は夜間加算あり):諸経費別(内容・講師により変動いたしますので目安とお考えください)

推奨対象人数

■全階層
推奨人数:10名

■新人の早期戦力化、ベテランの技能伝承など、「教える」「伝える」技術は企業の底力を支えます!!
■実習の道具はできるだけ現場に即したものをお持ちいただき、リアルな実のある実習を行います。(計器の使い方、部品の入れ替え、作業の手順・・・など)

時間内容主な進め方
1日目
  1. リーダーとは
    1. 実務指導者としての役割と意識
    2. 自分たちの職場の問題点(GD)
    3. 仕事の教え方の必要性とその効果
    4. 監督者・リーダーとしての必須条件
  2. 仕事の教え方~考え方と手順
    1. 仕事を教える意義、意味
    2. なぜ仕事の教え方が重視されるか
  3. 仕事の教え方訓練-1
    1. 教え方の流れを知る~段階的に教える
      ・伝える準備と場を作る
      ・仕事を説明し、重要性を 伝え、やる気を起こす
      ・まずはやらせてみる
      ・やらせたあとをフォローする
    2. 作業分解とやり方
      ・作業を進める手順を洗い出す
      ・区切って伝える
      ・急所の解説と例
  4. 今日のまとめと2日目への宿題
    
2日目
  1. 仕事の教え方訓練-2
    1. 前日の復習(宿題の徹底)
    2. 作業分解の復習実習
    3. 仕事の急所(ポイント)の見つけ方
    4. 手順と急所の伝え方
      ・強調、徹底の仕方 
  2. 部下育成のポイント
    1. 現在のメンバーの仕事と能力の棚卸
    2. 教育訓練計画の立て方
    3. 何をいつまでに・・・計画表の作成
  3. 仕事の教え方訓練(まとめ)-3
    1. 段階法に沿った教え方徹底演習
      ・着実に教える方法
      ・急所の伝え方など徹底フィードバック
    2. 作業分解の徹底
    3. 部下育成の考え方
      ・育成、評価の視点
  4. まとめ
    1. リーダーが組織の成果を左右する!
      ・リーダーの存在感と覚悟
    2. 自分が職場でできること
  

同カテゴリの研修