ホーム > 研修・講演 > テーマ研修 > 自ら考える社員になるための「地頭力」トレーニング

研修・講演カリキュラム

自ら考える社員になるための「地頭力」トレーニング

内容

分かりません・・・/知りません・・・/できません・・・
若手ビジネスマンからこんな言葉が平気で聞かれる、という指摘がありあます・・・。
一方で、簡単なことでさえ、「スマホで検索」の姿。
便利さが増す現代は、ビジネスマンにとって「自らの頭で考える力」が損なわれる一方だといえます。
できるビジネスマンは、持ちあわせた関連情報から、ある程度の「推測」のもと仮説をたてることが大切。
そして、仮説に基づいて、論理的思考とアイデア思考を織り交ぜて考えることこそ、ビジネスの要になるものです!
本研修では、ビジネスに欠かせない「自ら考える力=地頭力」を鍛える講座として、特に若手ビジネスマンの可能性を伸ばすことが期待されます。

講師

藤榮幸人氏/人財育成プラネットパートナー講師ほか
(お打ち合わせの上適任を選定)

日程

1~2日間:ご相談のうえで調整いたします
(実践をはさんだ長期コースも効果的です)

費用

1日あたり概算/230,000円~300,000円:諸経費別(内容・講師により変動いたしますので目安とお考えください)

推奨対象人数

■自ら考える傾向の薄れたビジネスマン
■思考力と行動力を上げたいビジネスマン
推奨人数:20名

なんでも検索!便利な時代だからこそ身に着けておきたい「自ら考える」能力を磨く!

時間 内容 主な進め方

1日間

2日間

(2日間推奨) 

1.思考力の衰退と実情
(1)若者の思考力
(2)便利のメリット、デメリット
(3)なぜ考えなくなるのか
(4)自ら考える必要性
(5)いろいろな「思考力」 


2.発想力を鍛える
(1)論理的思考(ロジカルシンキング)と水平思考(ラテラルシンキング)
(2)求められる創意工夫思考
(3)現状を打破する「疑う力」
(4)思考を広げる「抽象化する力」
(5)偶然を見逃さない「好奇心」
(6)効果を実感し楽しむ「喜楽力」 

 
3.アイデアトレーニング(事例研究)
(1)身の回りの事例から学ぶ
(2)ラテラルシンキングで考えよう
●「エレベーターの待ち時間が長い!」を解決する 
●「13個のオレンジを3人で分けるには」 など 
(3)発想力を高める思考法
●オズボーンのチェックリスト、6色ハット法・・・など 
 

4.推測力を鍛える

(1)「考えること」と「動くこと」
(2) 自ら考えるためのフェルミ推定
●「あたりを付ける」ためのステップ 
●まずは、自分の頭で考える癖を付けるために
●フェルミ推定に使える数字例
(3)事例研究
●バスにゴルフボールは何個入るか?
●あなたの街に、郵便ポストはいくつある? 

 

5.表現力を鍛える

(1)表現することで思考力もあがる
(2)思考を整理するフレーム
(3)見える化、グラフ化

 

6.問題解決に活かす
(1)成果を生み出す思考力
(2)自職場の問題を当てはめる

 
7.まとめ
(1)自分達でできること
(2)今日の気づき
 

※上記カリキュラムをベースにお打ち合わせのうえご提案いたします

■お問合わせフォーム

お気軽にお問合せください。
メールでのお問合せ
  • 人財育成プラネット代表 加古 雅嗣のブログ
  • 普通の人がもうちょっとだけ元気になるメールマガジン きっかけ屋のTrigger通信
    • 【お名前】

      姓:名:

    • 【E-mail】

      *半角英数でお願いします。

  • 会議の進め方無料診断
    協力:(株)ナレッジプラクティス・コンサルティング

Copyright ©株式会社 人財育成プラネット All rights reserved.