ホーム > セミナー > <日刊工業新聞社主催>
改善リーダーのためのコミュニケーション力向上研修

人財育成プラネットのセミナー情報

開催済み 2012.10.12
<日刊工業新聞社主催>
改善リーダーのためのコミュニケーション力向上研修

人財育成プラネットPuroduceセミナー
(本セミナーは日刊工業新聞社様の主催でお届けします。お申し込みなどは上記より直接日刊工業新聞社様へお願いいたします。もちろん、ご不明点やご要望などありましたら当方、人財育成プラネットまでお気軽にお声掛けください)

http://www.nikkan.co.jp/edu/semi/n121012.html

改善リーダーのための
コミュニケーション力向上セミナー

日時 2012年10月12日(金)  10:00 ~ 17:00
会場 日刊工業新聞社名古屋支社 6階セミナー会場
主催 日刊工業新聞社 名古屋支社
聴講料 42,000円 (消費税・テキスト代・昼食代含む)
※振込手数料は貴社でご負担願います。
※日本金型工業会中部支部、中部プラスチックス連合会の正会員の方は、15%割引とさせていただきます。
定員 20名

講  師

人財育成プラネットパートナー 講師 (中小企業診断士)
(株)ナレッジ・プラクティス・コンサルティング 代表取締役  宇井 克己 氏

お申し込みはこちら →https://form.nikkan.co.jp/webapp/form/12272_aes_1242/index.do

 

プログラム

1.オリエンテーション
1) 本セミナーの目的 2) セミナーで得たいこと、期待することは?
2.改善リーダーの心構えと態度~メンバーのモデルになるために
1) 現在のリーダーとしての悩みを参加者間で共有
2) リーダーのあるべき心構えと態度
●改善リーダーがチームをまとめて、成果を出し続けるために 持つべき心構えを理解する。
~メンバー一人ひとりの考えや意見を尊重する/リーダー一人で悩まない/失敗から学ぶ/
人のせいにしない、等
3.リーダーとメンバーの信頼関係を作るコミュニケーションの取り方
1) メンバーの話をしっかりと聞く傾聴力
2) メンバー一人ひとりを尊重するコメント力
3) やる気を高める質問力
4.改善活動(問題解決)の基本的な流れ
1) 問題解決ストーリーを理解する
●問題の発見/テーマの選定→現状把握→要因分析→原因分析→目標設定→対策立案
→計画策定→計画実行→検証→歯止め、の流れを再度確認する
2) 問題(改善ネタ)発見のために~「いちいち、イライラ、うっかり、うろうろ」をメンバーに
意識させる
3) 改善活動とコミュニケーション~問題解決ストーリーの各ステップでリーダーはどうコミュニケ
ーションを取るべきか
5.現場で起こるコミュニケーションを実践的に学ぶ
1) 改善ミーティングの準備とスタート
●改善活動を進めるために準備すべきこと
●改善ミーティングを始めるときにすべきこと
2) 原因分析のコミュニケーション
●メンバーの納得感を高めるためには
●チームの成果を上げるためには
例)特性要因図を作る時にリーダーとして取るべきコミュニケーション
3) 目標設定から対策立案のコミュニケーション
●目標と意識を共有する質問のスキル
4) 事例とグループ討議
●リーダーとメンバーの会話例をもとにグループ討議
6.まとめ~現場で使うために
1) 今日のセミナーで学んだこと
2) 今後実践していくこと
問合せ先 株式会社 人財育成プラネット
名古屋市中村区名駅2-45-19 桑山ビル4階
TEL:(052)589-6828
FAX:(052)541-3223
お気軽にお問合せください。
メールでのお問合せ

研修・講演メニュー

  • 人財育成プラネット代表 加古 雅嗣のブログ
  • 普通の人がもうちょっとだけ元気になるメールマガジン きっかけ屋のTrigger通信
    • 【お名前】

      姓:名:

    • 【E-mail】

      *半角英数でお願いします。

  • 会議の進め方無料診断
    協力:(株)ナレッジプラクティス・コンサルティング

Copyright ©株式会社 人財育成プラネット All rights reserved.